女性のひげは女性ホルモンで緩和?

女性のひげは女性ホルモンで緩和?

女性のひげはホルモンバランスが崩れている証拠です。=女性ホルモンが減少している。
つまり、更年期の女性にひげが生えます。それを同じことが若い世代の女性に起こっているのです。ならば、女性ホルモン補充法があります。
でも、その前に更年期障害ではないのですから、女性ホルモン様成分を含む食料やサプリメントを摂取してみてはいかがでしょうか?

 

あなたのひげは女性としてまだメイクだけで大丈夫ですか?それとももう毎日処理するほど濃いひげになっているでしょうか?
その場合、ひげを剃っている皮膚は色素沈着していませんか?女性ホルモンの比重を上げると、自然と色素沈着も緩和されます。

 

是非女性のひげ緩和に女性ホルモン様成分の自然の恵みである食品を活用してみてください。

 

女性ホルモンと同じ作用のある成分として一番有名なのはイソフラボンですよね。
大豆に多く含まれています。日本食には昔からお醤油やお味噌、納豆など、大豆加工製品が多くあり、豆乳もたくさん種類が売られています。

 

でも、厚労省からの摂取推奨量は1日たったの30mgなのです。しかも上限値もあり、70〜75mg/日です。
これを超えるイソフラボンを毎日摂取した場合には、どんなことが起きるかご存知ですか?

 

イソフラボンの過剰摂取は、女性ホルモンの増加につながるよりは、女性特有の癌になるリスクを高めるそうです。
つまり、乳がんだったり、子宮癌、卵巣癌だったり、色々あります。

 

だから、いくらひげを早く薄くしたいからといって、豆乳を1日1L飲みましたなんてことのないようにお願いします。
豆乳なら1日200ccで十分だそうです。
あとはバランスの良い食事を心掛ければばっちりですね。
もう1つ女性ホルモンが分泌されやすくなる方法があります。それが、ストレス発散です。

 

今ホルモンのバランスが崩れているのは、全部ストレスのせいでもあるかも知れません。
ならば、ストレスを緩和する方法を考えましょう。

 

甘いものを思いっきり食べるなど、不健康な方法ではなく、運動をしたり、温泉に行ったり、友達としゃべりまくるという手もあります。
女性なら話すこと、泣くこと、笑うことでかなりストレスが発散されるのではないでしょうか?

 

それでまたリフレッシュして仕事に戻れば、仕事の効率もあがりますし、ひげも薄くなって、一石二鳥ですよね。

 

最後に十分な睡眠をとることです。睡眠をとることは、昼間ダメージを受けた細胞を修復する。体を休める。女性ホルモンを分泌する時間を体に与えることになり、結果ひげが薄くなるのです。

 

いかがでしょう?意外と身近なところでひげを薄くするために改善ができそうですね。

 

⇒女性のひげ用クリームがあるって知ってましたか?