女性の青い鼻の下ひげ対策

女性の青い鼻の下ひげ対策

女性の鼻の下が青いのはひげを処理しているからだというのは男性から見てもわかるものなのでしょうか?鼻の下のひげが濃い女性が、処理をするとどうしても剃り跡が残り、青い風に見えるといわれますよね。

 

男性でも鼻の下やあごあたりが青い人がたくさんいますが、女性で同じようにひげ処理の跡が青いとどうしても引いてしまうと思います。特に色白の人は鼻の下でも、鼻のかげになっていても青い色になったりすると思います。

 

子供でも青いひげに悩む女性がいるぐらいだそうです。しっかりひげを処理しても(あご、頬、鼻の下など)青い跡が残る青ひげ、本当に女性ならなおさら憂鬱になりますよね。しかも、ひげを処理すれば処理するほど青い鼻の下が目立ってきたりもします。

 

今回は、女性が青ひげになる原因と青ひげを確実に消す方法をご紹介します。女性が青ひげになる原因は、単純にひげが濃いだけではないということがあります。

 

自分が色白であることは認識していますか?そういう人はひげの処理跡が青いひげに見えたりするのです。
しかも、ファンデーションでメイクアップすると、鼻の下の青さはさらに目立つようになります。
つまり、女性特有の悩みといってもいいかもしれません。

 

うぶ毛はしっかり処理しているのに、それでも青く見えることがあります。毛深い女性でも男性のようにヒゲが濃いわけでありません。

 

でも、毛穴の奥の毛は意外としっかり太かったりします。毛抜きでヒゲを抜いたことがある人ならわかりますよね?

 

男性ほど濃いわけではありませんが、それでも毛穴の奥に残るヒゲは薄っすらと皮膚を通して青く見える原因になります。
もう1つが色素沈着です。女性がひげを処理して、剃ったところは、肌がメラニンを生成する場合がありますので、黒くなったり、青くなったりするそうです。
毛抜きでひげを抜くのはもっとだめです。

 

カミソリで剃ると肌荒れするからという理由で毛抜きを使う人も多いですが、毛抜きでムダ毛を無理やり抜くときに毛穴を傷つけています。
1回2回抜く程度なら変わらないけど、頻繁に繰り返すと徐々に毛穴が黒くなってきます。

 

青ひげを防ぐためにうぶ毛を処理しているのに、逆に青ひげの原因を作ってしまっているのです。

 

おススメは抑毛効果のあるクリームやローションです。

 

これなら、お肌の調子も整えてくれますし、お肌の傷も修復してくれて、ひげが薄くなったり、毛が細くなったり、次に生える周期が遅くなるそうです。だから、顔剃りをしつつも、この抑毛クリームかローションでお肌を整えるのはいかがでしょうか?

 

⇒産毛用の抑毛クリームについてもっと知りたい方はこちら