鼻の下の毛を抜く方法

【アットコスメでの口コミは?】女性のひげ用ノイスを使ってみた感想

鼻の下の毛を抜く方法

鼻の下の毛を抜く方法は3種類しかありません。まずは自分で抜く、次に医療機関でレーザー脱毛をする。そして最後にエステサロンで鼻の下の毛を抜く方法です。
絶対やってはいけない方法は自分で鼻の下の毛を抜くことですよね。自分で1本1本抜くと、毛穴の周りの細胞が傷ついたり、引っ張られた皮膚が傷ついたりします。

 

そして、毛穴が開きっぱなしになることもあります。鼻の下の毛を抜くとして、毛穴が開いたままなら、その部分の皮膚は縦にたるみます。
つまり、鼻の下の毛はなくなるけれども、老け顔になる可能性があるということです。

 

鼻の下の毛に悩んでいる人におすすめなのが、根本的に毛を生えてこなくする永久脱毛です。
永久脱毛(レーザー脱毛)してしまえば自己処理の必要がなくなるため、色素沈着が改善されます。
また、毛根からひげを処理するので青ひげだって解消できますよ。

 

レーザー脱毛の方法には、クリニックの医療レーザー脱毛とエステや専用サロンでの光脱毛があります。
口周りのひげ脱毛にはどちらの方法が適しているのか、効果や料金、痛みや副作用の点からご説明します。
鼻の下の毛を根本的に生えなくする方法といえば、医療レーザー脱毛と光脱毛が挙げられますが、この2つの違いって一体何なのでしょうか。
医療レーザー脱毛も光脱毛も、実は仕組みは同じなのです。

 

毛根に強い光を当て、毛を育てる細胞を壊したり毛根を破壊したり、それで毛が生えてこなくなります。
わざわざ呼び方を変えているのは、ひげに当てる光の強さが違うからなのです。

 

それは、医療レーザーは、医師免許を持っている医療機関ですので、強いレーザーを照射できます。だから、約5回程度で顔全体の脱毛ができるそうです。
一方、サロンは医療行為ではないので、弱いレーザーを何回も当てて毛根を破壊します。つまり時間がかかるし、通う回数も多くなるということですね。
ひげは顔の中心に近くて目立つ場所なので、安全に脱毛したいと思いませんか?

 

それなら、やはり、医療機関でのレーザー脱毛です。エステサロンよりは少々高いみたいです。でも、美容外科での施術も流行っていて、格安メニューが出ているために、通う回数を掛けると、結局医療レーザーで永久脱毛した方が安かったということもあるそうです。また、店舗も少ないそうですが、もしオフィスの近所、家の近所にあれば、ラッキーですね。

 

エステサロンでの光は弱いために、女性のひげにレーザーをあてても、あまり反応しなかったり、毛根を破壊できなかったりする可能性が多いのです。
つまり、医療脱毛で強いレーザーで、回数も少なくさくっと永久脱毛をしてしまいましょうという提案でした。

 

⇒脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る